商品画像1
聖教文庫 人生問答(中)
  • 聖教文庫 人生問答(中)
NEW
予約商品
お取り寄せ

聖教文庫 人生問答(中)
じんせいもんどう(ちゅう)

販売価格(税込) 649円

数量:

通常2~5営業日に出荷します

商品の発送について

商品コード

119960

著者・編者

池田大作、松下幸之助

出版社

聖教新聞社

ISBN・JANコード

9784412008946

ページ数

314

サイズ

A6判

発売日

1997/11/18

商品の説明

日本を代表する経済人であった松下幸之助氏との往復書簡集『人生問答』(潮出版社)の聖教文庫版。
経営の天才と仏法指導者の深き友誼の結晶。世界の平和と社会への貢献を模索する両者が、人間と死、文明への視座など多岐にわたるテーマを人生、生と共鳴の対話で展開。
松下電器産業の創業者で、スケールの大きな社会活動家でもあった松下氏(1989年逝去)。この立志伝中の経済人と、世界的な仏法指導者である名誉会長との語らいは、真摯に縦横に、そして温かな友情の音律をたたえて進んでいく。
「豊かな人生」「宇宙と生命と死」「宗教・思想・道徳」「何のための教育か」「日本の進路」「世界平和のために」……“問答”のテーマは、実に多岐にわたる。しかも、30数年前に交わされたもの(原著は1975年発刊)とは思えない、人類社会への優れた視点と人生の知恵が随所にちりばめられている。

【目次】
5 宗教・思想・道徳 人間の本質と宗教 宗教と人生の関係 宗団・宗派はさまざまでよい 宗教はどれも同じか 平和に果たす宗教の役割 宗教戦争の原因 世界宗教となった条件 「末法」の意味 仏教をどうみるか 既成宗教はあきられたが 仏教書ブームについて 宗教と政治の在り方 聖徳太子と仏教 「縁なき衆生」 仏教伝来の原動力 創価学会発展の要因 “人類滅亡論”と仏法 宗教と文学・文化 「モーゼの十戒」の意味 倫理・道徳と宗教の違い 道徳は実利に結びつく 哲学・思想・宗教の違い 善悪の判断基準 倫理・道徳をささえるもの 百年後の世界の思想は 形而上と形而下

6 政治に望むこと 政治の目的は何か 政治に欠けているもの 民間が政府に任せた 国家権力と人民 権力行使の在り方 法治主義の倒錯 国民の声と政治 政治家が尊敬されるには 総理大臣に望まれる要件 首相と党首の在り方 歴史上の偉大な政治家 代議士の政治責任 若い議員が少ない理由 政治家の出身分野 人口と議員定数の不均衡 選挙運動の自由化 政治資金の寄付 投票率の低下と民主主義 政党の対立と協調 議会に衆知を集めるには 多党化か二大政党か 派閥の弊害 議員と政党との関係 日本の政党と議会 政治の生産性向上 刑法改正の方向 裁判と世論 靖国法案について 国難に殉じた人をいかに祭るか

7 社会を見る目 物価騰貴の根本原因 インフレ抑制の施策 物不足と買い占め 商道徳に反する企業 治にいて乱を忘れないために エネルギー源の確保と開発 公共事業と住民運動 私権と公共性の対立 住民運動をどうみるか 労働組合運営の基本理念 労使関係の在り方 企業の内部告発をどう思うか 対立と調和 人手は不足しているか 労働の意義、勤勉の価値 完全雇用と労働意識 株式の大衆化 公害企業の在り方 公害防除の費用の分担 公害の予測技術 企業秘密の公開 税制・税率の基準 企業は諸悪の根源か 住宅・土地問題の解決 抜本的な土地対策は 革命芸術について 人種差別をなくすには オカルト・ブームと社会