商品画像1
現代語訳 法華玄義釈籤(上)
  • 現代語訳 法華玄義釈籤(上)
NEW
予約商品
お取り寄せ

現代語訳 法華玄義釈籤(上)
げんだいごやく ほっけげんぎしゃくせん(じょう)

販売価格(税込) 8,800円

数量:

通常2~5営業日に出荷します

商品の発送について

商品コード

217360

著者・編者

菅野博史、松森秀幸

出版社

東洋哲学研究所

ISBN・JANコード

9784885960550

ページ数

744

サイズ

A5判・上製

発売日

2020/11/30

商品の説明

【目次】
はしがき

釈籤縁起序
(法華玄義釈籤 巻第一)
  【法華私記縁起】
  【序王】
  【私序王】
  【総序】
【第一部 五重玄義の通解】
 【序】
 【第一章 五章(名体宗用教)を高く掲げる】
  【第一節 「名」を解釈する】
  【第二節 「体」を弁別する】
  【第三節 「宗」を明らかにする】
  【第四節 「用」を論じる】
  【第五節 「教相」を判定する】

(法華玄義釈籤 巻第二)
 【第二章 引用して証拠立てる】
 【第三章 生起】
 【第四章 展開と統合】
 【第五章 問答による考察】
 【第六章 観心を明らかにする】
 【第七章 たがいに異なるものの融合】
  【第一節 四悉檀を五重玄義に対応させる】

(法華玄義釈籤 巻第三)
  【第二節 十項目に分けて四悉檀を解釈する】
    【第一項 四悉檀の名を解釈する】
    【第二項 四悉檀の特徴を識別する】
    【第三項 四悉檀を解釈する】
    【第四項 四悉檀を四諦に対応させる】
    【第五項 四悉檀が観と教を生起させる】
    【第六項 四悉檀は聖人の説法・聖人の沈黙を生起させる】
    【第七項 四悉檀を得ること用いること、得ないこと用いないことを明らかにする】
    【第八項 四悉檀の方便と真実を明らかにする】
    【第九項 すべての法はみな妙である(開権顕実)】
    【第十項 四悉檀によって『法華経』を解釈する】

【第二部 五重玄義を個別に解釈する】
 【第一章 妙法蓮華経の「名」を解釈する】
  【第一節 教・行・理によって妙法蓮華経という「名」の共通性・個別性を論じる】
  【第二節 妙法蓮華経の「妙」と「法」の前後を確定する】
  【第三節 旧来(智顗以前)の解釈を提示して麁・妙を判定する】

(法華玄義釈籤 巻第四)
   【第四節 妙法蓮華経の「名」を正面から解釈する】
    【第一項 かいつまんで「妙」の意義をあらわす】
    【第二項 詳しく「法」と「妙」を説く】
     【一 「法を明らかにする】
      【(一) 略して、三種の法妙(衆生法妙・仏法妙・心法妙)を取りあげる】
      【(二) 詳しく「衆生法・仏法・心法」を弁別する】
      【Ⅰ 衆生法】
       【ⅰ 法数を列挙する】
       【ⅱ 法相を理解する】
      【Ⅱ 仏法】
      【Ⅲ 心法】
    【二 「妙」を明らかにする】
     【(一)「妙」を共通に解釈する】
      【Ⅰ 相待妙】
      【Ⅱ 絶待妙】

(法華玄義釈籤 巻第五)
    【(二) 個別に「妙」を解釈する】
     【Ⅰ 迹門の十妙】
      【ⅰ 章を高く掲げる】
      【ⅱ(迹門の)経文を引用して証拠立てる】
      【ⅲ 生成の関係(順序)】
      【ⅳ 詳しく解釈する】
       【(1) 境妙】
        【① 諸境を解釈する】
         【1 十如是の境を明らかにする】
         【2 十二因縁の境を解釈する】
          【2・1 正面から十二因縁を解釈する】
           【2・1・1 思議生滅の十二因縁】
           【2・1・2 思議不生不滅の十二因縁】
           【2・1・3 不思議生滅の十二因縁】
           【2・1・4 不思議不生不滅の十二因縁】
          【2・2 十二因縁の麁妙を判定する】
          【2・3 開麁顕妙】
          【2・4 観心】
         【3 四諦の境を明らかにする】
          【3・1 四諦を明らかにする】
           【3・1・1 他の解釈を示す】
           【3・1・2 四種の四諦】
          【3・2 四諦の麁妙を判定する】
          【3・3 開麁顕妙】
          【3・4 観心】
         【4 二諦の境を明らかにする
          【4・1 かいつまんで二諦の境のさまざまな意義を述べる】

(法華玄義釈籤 巻第六)
          【4・2 正面から二諦を明らかにする】
          【4・3 二諦の麁妙を判定する】
          【4・4 開麁顕妙 】
         【5 三諦の境を明らかにする】
          【5・1 三諦を明らかにする】
          【5・2 三諦の麁妙を判定する】
          【5・3 開麁顕妙】
         【6 一諦の境を明らかにする】
          【6・1 別して一諦を明らかにする】
          【6・2 通じて無諦を明らかにする】
      【② 諸境の「展開と統合」を論じる】
       【1 十二因縁と十如是】
       【2 四種の四諦と十如是・十二因縁】
       【3 七種の二諦と十如是・十二因縁・四諦】
       【4 五種の三諦と十如是・十二因縁・四諦・二諦】
       【5 一実諦と十如是・十二因縁・四諦・二諦・三諦】
       【6 無諦と十如是・十二因縁・四諦・二諦・三諦・一諦】

レコメンド